美肌菌増やすには

美肌菌増やすには

 

美肌菌を増やしたい!どうすれば増える?

 

美肌菌が増えれば肌バリアの働きが良くなるといわれていますね。

肌が荒れたり、ニキビができたりトラブルが起こるのは

 

美肌菌が減ってしまっているからだと言われていますね。

 

 

では、美肌菌を自分で増やすには何をすればいいのでしょう。

 

 

やはり基本は健康的な生活

 

「睡眠不足の解消」や「バランスの取れた食事」

 

「適度な運動で汗をかく」などが基本敵に大事です。

 

 

菌は生き物なので弱った体になれば菌も弱くなると言われています。

 

お肌の調子が悪いなら、即効性はないでしょうが

 

健康的名生活になるよう少しでも見青してみることも大切ですね。

 

 

肌環境を整える

 

生活習慣の見直しや食生活の改善を

 

した方がいいに決まっていてもすぐにはできない・・・

 

難しい・・・

 

そう思われていませんか。

 

 

そんな場合は先に肌環境を整えるのも良いかもしれません。

 

 

菌は適度な温度と湿度がないと育ちません。

 

 

※カビも菌なので同じですよね。

 

菌を育てるには部屋の湿度と温度は

 

菌の活動が活発になる20〜25度の温度と

 

適度な湿度に保つのが良いと言われています。

 

 

温度や湿度は外部だけでなく体温や汗などの湿度も関係しているようで

 

体を冷やしたり、汗をかかないでいるのは美肌菌にはあまりよくないようです。

 

 

シャンプーなどのヘアケア製品も

 

これは私自身が実感していることなんですが

 

シャンプーを変えると、体全体の肌の調子が変わりました。

 

 

多分、それまでのシャンプーによって美肌菌を

 

ご丁寧に全て洗いながしていたようです。

 

 

シャンプーを変えたことで、見違えるように

 

肌がキレイになってきていますし

 

肩や背中のにきびもなくなりかけています。

 

 

洗顔の回数、方法、洗顔料を改める

 

美肌菌は洗い流してしまうと肌を守るほどに増えるまでに

 

8時間以上もかかってしまうと言う事なので洗いすぎは良くないですね。

 

 

清潔に・・・が逆に肌を痛めたり悪臭を出す黄色ブドウ菌の繁殖を助ける事になっています。

 

 

アルカリ性の石けんや洗顔料ではなく

 

弱酸性の石けん、洗顔料で優しく洗い、1日1回だけの洗顔にした方が良いようです。

 

 

体も同じですね。

 

 

お風呂のお湯も、美肌菌の事を考えると

 

でれば弱酸性が良いのではないでしょうか。

 

 

スキンケア製品

 

アルカリ性の製品や、界面活性剤、殺菌剤の入ったケア製品は

 

美肌菌にダメージを与えると言われています。

 

 

乾燥が気になる・・・

 

などの場合は、できるだけシンプルなスキンケア製品を選ぶと良いかもしれませんね。

 

 

エイジング(シワやたるみ、しみ、くすみなど)の場合は

 

シンプルなスキンケアをベースに足すと良いのではないかなと思います。

 

 

美肌菌を増やすと

 

美肌菌(表皮ブドウ糖球菌)を増えると、肌バリアも強くなり

 

外部の刺激から肌が守られるだけでなく肌本来の働きも良くるそうです。

 

 

もはや全てが菌活の時代になりましたね。

 

 

でも、時代に合わせて自分でも美肌菌を守れる

 

スキンケア製品も開発されていますので使ってみてはいかがでしょう。

 

 

スキンケア製品については

 

美肌菌化粧品」の記事で書いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

美肌菌ドックの料金と受けられる場所
美肌菌ドックを受けてみたい!料金はいくらかかる?そして美肌菌ドックを受けられる場所は?
美肌菌って何?
最近良く聞く美肌菌って「肌がきれいになる菌なんだ」くらいの認識しかなかったのですがテレビで放送されていて気になって調べてみることにしました。
美肌菌化粧品
美肌菌が育つ増える化粧品ってある?毎日のケアに取り入れたい!
ビオサプの美肌菌マスクがワンコインモニターできる!?
ビオサプの美肌菌マスク(バイオセルロースマスク)がワンコインモニターでお試しできる!?
美肌菌バンクで美肌菌戻し
美肌菌を採取して培養、フリーズドライ冷凍保存する事で未来の自分に美肌菌を手渡せるシステム。美肌を気にする人にとっては待ってましたのシステムですね。